• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宗良親王の解説 - 小学館 大辞泉

[1311~1385?]後醍醐天皇の皇子。名は「むねよし」とも。初め尊澄法親王と称し、天台座主となる。元弘の変に敗れて讃岐 (さぬき) に配流。建武政権崩壊ののち還俗、南朝の中心として各地を転戦。「新葉和歌集」を撰集。家集に「李花集」がある。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉