定家の解説 - 小学館 大辞泉

謡曲。三番目物。古くは「定家葛 (ていかかずら) 」とも。旅僧が京都千本付近のあずまやに雨宿りすると、式子 (しきし) 内親王の霊が現れ、生前契った定家の執心が葛 (かずら) となって墓に絡んでいることを語るが、僧の回向によって成仏する。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉