• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

実川延若の解説 - 小学館 大辞泉

大阪の歌舞伎俳優。屋号は河内屋。

(初世)[1831~1885]本名、天星庄八。和事・濡 (ぬ) れ事をよくし、4世嵐璃寛 (あらしりかん) ・中村宗十郎とともに京坂劇壇の三羽烏 (さんばがらす) とよばれた。
(2世)[1877~1951]初世の長男。和事の名手であったが、丸本物 (まるほんもの) の実事も得意とした。当たり役に「夏祭浪花鑑」の団七、「楼門五山桐 (さんもんごさんのきり) 」の石川五右衛門など。
(3世)[1921~1991]2世の長男。父譲りの和事のほか、幅広い役柄をこなした。当たり役に「封印切」の忠兵衛など。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉