• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮内卿の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1204ころ]鎌倉初期の歌人。源師光 (みなもとのもろみつ) の娘。後鳥羽院の女房。「千五百番歌合」に参加した歌から若草の宮内卿とよばれ、歌は新古今集以下の勅撰集に40首余り入集。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉