宮城道雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1894~1956]箏曲 (そうきょく) 演奏家・作曲家。兵庫の生まれ。7歳ごろ失明。尺八家吉田晴風らとともに新日本音楽運動を起こし、邦楽界の改新に努力。洋楽器との合奏などを試み、また、邦楽器の改良や発明にも尽くした。作「水の変態」「春の海」「越天楽変奏曲」など。

宮城道雄の解説 - SOCKETS人物データベース

8歳で失明の宣告を受け箏曲家の道を志す。大正から昭和のなかばまで活躍し西洋の技法を取り入れた名曲の数々で著名な作曲家、箏曲家。
出生地
兵庫県神戸市
生年月日
1894年4月7日 おひつじ座
没年月日
1956年6月25日(享年62歳)
別表記
中菅道雄 宮城検校 菅道雄