• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮簀媛の解説 - 小学館 大辞泉

日本武尊 (やまとたけるのみこと) の妃。尾張の豪族の娘。日本武尊は東征の帰途、媛を娶 (めと) って草薙剣 (くさなぎのつるぎ) を預けた。尊の死後、媛はこの剣をまつって社を建て、熱田神宮の起源をなしたという。