• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮部鼎蔵の解説 - 小学館 大辞泉

[1820~1864]幕末の尊攘派志士。肥後の人。吉田松陰の東北遊行に同行。京都にて討幕運動に活躍するが、池田屋で新撰組に襲われて自刃。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉