寂蓮の解説 - 小学館 大辞泉

[1139ころ~1202]平安後期・鎌倉初期の歌人・僧。俗名、藤原定長。俊成の養子、のち出家。新古今集撰者の一人となったが、撰なかばで没。歌集に「寂蓮法師集」。

出典:青空文庫