富井政章の解説 - 小学館 大辞泉

[1858~1935]民法学者。京都の生まれ。フランス法学派の中心的存在。民法典起草者の一人。東大教授・貴族院議員・枢密顧問官などを歴任。著「民法原論」など。

[社会/法律の人物]カテゴリの言葉