• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

富士谷成章の解説 - 小学館 大辞泉

[1738~1779]江戸中期の国学者・歌人。京都の人。皆川淇園 (みながわきえん) の弟。号、層城・北辺 (きたのべ) 。活用の研究・品詞分類などに業績を残す。著「挿頭抄 (かざししょう) 」「脚結抄 (あゆいしょう) 」など。