• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

富岡多恵子の解説 - 小学館 大辞泉

[1935~ ]小説家・詩人。大阪の生まれ。本姓、菅 (すが) 。詩集「返礼」でH氏賞、「物語の明くる日」で室生犀星詩人賞受賞ののち、小説に転じる。「立切れ」で川端康成文学賞受賞。他に「植物祭」「冥途の家族」「ひべるにあ島紀行」など。

富岡多恵子の解説 - SOCKETS人物データベース

詩人、小説家、評論家として活動する女性作家。1977年に坂本龍一が全て作・編曲を手がけたアルバム『物語のようにふるさとは遠い』を残している。
出生地
大阪府大阪市
生年月日
1935年7月28日(83歳) しし座
別表記
富岡多惠子