• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

富樫広蔭の解説 - 小学館 大辞泉

[1793~1873]江戸末期の国学者。紀伊の人。本居大平春庭に学ぶ。「詞の玉襷」「詞の玉橋」などの著で、すぐれた品詞論を遺した。