• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

富田渓仙の解説 - 小学館 大辞泉

[1879~1936]日本画家。福岡の生まれ。本名、鎮五郎 (しげごろう) 。狩野派・四条派を学び、のち富岡鉄斎に私淑。南画の雅趣を根底に自由闊達 (かったつ) な画風を示した。作「雷神風神」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉