寺内正毅の解説 - 小学館 大辞泉

[1852~1919]軍人・政治家。元帥・陸軍大将。山口の生まれ。教育総監・陸相・初代朝鮮総督を歴任ののち、大正5年(1916)首相となったが、同7年に米騒動で総辞職。

[補説]容姿が似ていたことと、立憲政治を行わない非立憲(ヒリッケン)内閣と揶揄 (やゆ) されたことから、ビリケン宰相と呼ばれた。→ビリケン

寺内正毅の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
周防国山口(現・山口県)
生年月日
1852年2月24日 うお座
没年月日
1919年11月3日(享年67歳)