• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小川破笠の解説 - 小学館 大辞泉

[1663~1747]江戸中期の蒔絵師 (まきえし) 。伊勢の人。江戸に移り、俳諧や土佐派の絵画もよくした。蒔絵に鉛・貝・陶片・牙角 (がかく) ・堆朱 (ついしゅ) などをはめ込む破笠細工を創始。作品に「柏に木菟 (みみずく) 図料紙硯箱」など。