• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小早川秀秋の解説 - 小学館 大辞泉

[1582~1602]安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の子。幼名、辰之助。通称金吾。秀吉の養子となり、のち、小早川隆景の養嗣子。慶長の役に総大将として参戦。秀吉の死後、関ヶ原の戦いで東軍に寝返り、功によって備前・備中・美作に50万石を領した。

小早川秀秋の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
生年月日
1582年
没年月日
1602年(享年20歳)
別表記
小早川秀詮 辰之助 木下秀俊 羽柴秀俊

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース