小村寿太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1855~1911]政治家・外交官。宮崎の生まれ。外相となり、対英米協調を主軸に大陸進出を図る小村外交を確立。日英同盟締結、ポーツマス講和条約韓国併合関税自主権の回復に当たった。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉