• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小松茂美の解説 - 小学館 大辞泉

[1925~2010]古筆学者。山口の生まれ。国鉄職員などを経て昭和28年(1953)東京国立博物館に入り、独学で古筆研究をすすめた。昭和36年(1961)「後撰和歌集 校本と研究」で文学博士号を取得。退官後は古筆学研究所を設立。著作「古筆学大成」「平家納経の研究」など。