• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小沢蘆庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1723~1801]江戸中期の歌人。名は玄仲 (はるなか) 。尾張国犬山藩士。「ただごと歌」を主張、和歌は自然な感情を平淡に歌うべきものとした。著に、家集「六帖詠草」、歌論「蘆かび」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉