• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小沼丹の解説 - 小学館 大辞泉

[1918~1996]小説家・英文学者。東京の生まれ。本名、救 (はじめ) 。井伏鱒二に師事。日常を題材にユーモアをまじえた作風で知られる。「懐中時計」で読売文学賞、「椋鳥 (むくどり) 日記」で平林たい子文学賞受賞。他に「村のエトランジェ」「銀色の鈴」など。芸術院会員。

小沼丹の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 学者・教授
出生地
東京府東京市下谷区下谷町(現・東京都台東区下谷)
生年月日
1918年9月9日 おとめ座
没年月日
1996年11月8日(享年78歳)