• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小西来山の解説 - 小学館 大辞泉

[1654~1716]江戸前期の俳人。大坂の人。通称伊右衛門。別号、十万堂・湛々翁 (たんたんおう) など。西山宗因の直門となり談林風の句を作ったが、のち蕉風に近い句境を示した。句文集「今宮草」「津の玉柏」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉