小野蘭山の解説 - 小学館 大辞泉

[1729~1810]江戸中期の本草 (ほんぞう) 学者。京都の人。名は職博 (もとひろ) 。松岡恕庵に学ぶ。幕命により江戸の医学館で講義するかたわら、諸国で薬草を採集。著「本草綱目啓蒙 (ほんぞうこうもくけいもう) 」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉