• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小関三英の解説 - 小学館 大辞泉

[1787~1839]江戸後期の蘭学者・医者。出羽の人。名は好義。江戸で医学・蘭学を学び、岸和田藩医・幕府天文台翻訳掛を務めた。尚歯会の一員となり、蛮社の獄に連座して自刃。