• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尚寧王の解説 - 小学館 大辞泉

[1564~1620]琉球の王。第2尚氏王統の第7代。慶長14年(1609)薩摩 (さつま) の島津軍の侵略によって捕虜となり、2年間の抑留ののち帰国。島津氏による琉球支配を恥じ、王家の墓へ入ることを拒む遺言をのこしたという。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉