尾上菊五郎の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎俳優。屋号、音羽屋。

(初世)[1717~1784]京都の人。初め女形、のち江戸で立役となり、華やかな芸風で人気があった。
(5世)[1844~1903]12世市村羽左衛門の次男。前名、13世羽左衛門、市村家橘 (かきつ) 。家の芸として新古演劇十種を定めて上演。江戸の世話物を得意とする。9世市川団十郎とともに明治期を代表する名優として団菊と併称された。
(6世)[1885~1949]5世の長男。初世中村吉右衛門とともに、昭和初期を代表する名優。世話物と舞踊を得意とし、近代的な芸風を確立。通称、6代目。文化勲章受章。

尾上菊五郎の解説 - SOCKETS人物データベース

役者・俳優
出生地
東京都
生年月日
1942年10月2日(79歳) てんびん座
別表記
寺島秀幸 尾上菊五郎 七代目尾上菊五郎
役者・俳優
出生地
江戸
生年月日
1844年7月18日 かに座
没年月日
1903年2月18日(享年58歳)
別表記
寺島清 梅幸 初代尾上九朗右衛門

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉

出典:gooニュース