• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尾崎雅嘉の解説 - 小学館 大辞泉

[1755~1827]江戸後期の国学者。大坂の人。通称、春蔵。号、蘿月・華陽。和漢のほか歌もよくした。著「群書一覧」「百人一首一夕話 (ひとよがたり) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉