• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尾高朝雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1899~1956]法哲学者。朝鮮の生まれ。東大教授。国民主権天皇制の調和を求め、また、マルクス主義法思想を批判。法哲学の啓蒙 (けいもう) に尽力。

[社会/法律の人物]カテゴリの言葉