• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山中伸弥の解説 - 小学館 大辞泉

[1962~ ]医学者。大阪の生まれ。整形外科の臨床研修医を経て研究者に転身。米国留学時にES細胞を研究し、帰国後の平成18年(2006)マウスの皮膚細胞からiPS細胞を作製することに成功。平成19年(2007)にはヒトの皮膚細胞でも成功し、再生医療実現への道を開いた。平成21年(2009)ガードナー国際賞ラスカー賞を受賞。平成23年(2011)ウルフ賞受賞。平成24年(2012)、ジョン=ガードンとともにノーベル生理学医学賞を受賞。同年、文化勲章受章。

山中伸弥の解説 - SOCKETS人物データベース

京都大学iPS細胞研究所所長・教授。1987年に神戸大学医学部を卒業。07年にヒトの皮膚細胞から人工多能性幹(iPS)細胞の作成に成功し、医療分野の進歩に貢献。10年に文化功労者として顕彰。さらに12年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
出生地
大阪府東大阪市
生年月日
1962年9月4日(59歳) おとめ座