• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山岡元隣の解説 - 小学館 大辞泉

[1631~1672]江戸前期の俳人・仮名草子作者。伊勢の人。字 (あざな) は徳甫 (とくほ) 。別号、而慍斎 (じうんさい) ・洛陽山人。北村季吟に和歌・俳諧を学び、仮名草子・俳諧・古典注釈に活躍した。俳文集「宝蔵」、仮名草子「他我 (たが) 身の上」など。