• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山崎宗鑑の解説 - 小学館 大辞泉

室町後期の連歌師・俳人。近江 (おうみ) の人。本名、志那弥三郎範重。将軍足利義尚に仕え、のち出家して山城国山崎に閑居したという。「新撰犬筑波集」の編者。荒木田守武とともに俳諧の祖とされる。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉