山崎直方の解説 - 小学館 大辞泉

[1870~1929]地理学者。高知の生まれ。東大に地理学科を創設、また日本地理学会を組織。日本アルプス立山カールを発見するなど多くの業績があり、日本での氷河の存在についても論争。佐藤伝蔵との共著「大日本地誌」は大著。

[地理/地理の人物]カテゴリの言葉