• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山本有三の解説 - 小学館 大辞泉

[1887~1974]劇作家・小説家。栃木の生まれ。本名、勇造。人道主義的な社会劇作家として出発、のち理想主義的な小説を発表。文化勲章受章。戯曲「嬰児殺し」「坂崎出羽守」、小説「」「女の一生」「真実一路」「路傍の石」など。

山本有三の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の劇作家、小説家、政治家。日本芸術院会員、文化勲章受章者。
出生地
栃木県
生年月日
1887年7月27日 しし座
没年月日
1974年1月11日(享年86歳)
別表記
山本 勇造 やまもと ゆうぞう