• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山片蟠桃の解説 - 小学館 大辞泉

[1748~1821]江戸後期の商人・学者。播磨 (はりま) の人。本名、長谷川有躬。大坂の両替商升屋に番頭として仕え、主家の興隆に尽くした。また、懐徳堂で儒学を学び、さらに天文学・蘭学を修め、合理主義精神を持つ独創的思想家として知られる。著「夢の代 (しろ) 」など。