• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山背大兄王の解説 - 小学館 大辞泉

[?~643]飛鳥時代の皇族。聖徳太子の子。母は蘇我馬子の娘刀自古郎女 (とじこのいらつめ) 。推古天皇没後、蘇我蝦夷 (そがのえみし) の推す田村皇子(舒明天皇)と皇位を争って敗れ、のち蝦夷の子入鹿 (いるか) の襲撃を受け、斑鳩宮 (いかるがのみや) で自殺。