• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山脇東洋の解説 - 小学館 大辞泉

[1706~1762]江戸中期の医者。京都の人。本名、清水尚徳。初め移山と号した。山脇玄修の養子となり、後藤艮山にも学び、古医方の大家となった。宝暦4年(1754)小杉玄適らと京都の刑場で解剖に立ち会い、日本最初の解剖記録「蔵志」を刊行。