• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山鹿素行の解説 - 小学館 大辞泉

[1622~1685]江戸前期の儒学者・兵学者。会津の人。江戸に出て儒学・兵学・神道・仏教・歌学などを修め、古学を提唱した。官学の朱子学を批判して「聖教要録」を著し、播磨 (はりま) の赤穂に流されたが、許されて江戸に帰った。著「配所残筆」「中朝事実」「武教全書」など。

山鹿素行の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
福島県会津若松市
生年月日
1622年9月21日 おとめ座
没年月日
1685年10月23日(享年63歳)
別表記
素行 山鹿義矩

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉