• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡崎正宗の解説 - 小学館 大辞泉

鎌倉末期の刀工。相模の人。五郎入道正宗と称する。新藤五国光に師事。相州物の大成者で、沸 (にえ) の美の表現にすぐれた。無比の名匠といわれるが有銘の作は少なく、名物「庖丁 (ほうちょう) 正宗」「日向 (ひゅうが) 正宗」などの作者とされる。三作の一。生没年未詳。