• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡田為恭の解説 - 小学館 大辞泉

[1823~1864]江戸末期の復古大和絵派の画家。京都の人。一時、冷泉 (れいぜい) 三郎を自称。大量の古画を模写する一方、障壁画なども描いた。