• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岩佐又兵衛の解説 - 小学館 大辞泉

[1578~1650]江戸初期の画家。戦国の武将荒木村重の末子。字 (あざな) は勝以 (かつもち) 。又兵衛は通称。初め福井に住み、晩年を江戸で過ごした。土佐派雲谷 (うんこく) 派など和漢の画法を学び、人物画などに独自の画風を展開した。浮世又兵衛ともよばれ、浮世絵の創始者とする説もある。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉