岸信介の解説 - 小学館 大辞泉

[1896~1987]政治家。山口の生まれ。佐藤栄作の実兄。東条内閣の商工相。第二次大戦後、A級戦犯容疑者となるが不起訴。昭和32年(1957)首相となり、日米安保条約改定を強行し、辞職。→池田勇人

岸信介の解説 - SOCKETS人物データベース

山口県出身、第56・57代(1957〜1960年)内閣総理大臣。「昭和の妖怪」と呼ばれた。第二次大戦後はA級戦犯被疑者として3年半拘留されたが無罪放免となった。60年安保をアイゼンハワー大統領と合意、安保闘争は激化した。実弟は第代内閣総理大臣の佐藤栄作、孫は安倍晋三、岸信夫。
出生地
山口県吉敷郡山口町(現・山口市)
生年月日
1896年11月13日 さそり座
没年月日
1987年8月7日(享年90歳)