• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

島尾敏雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1917~1986]小説家。神奈川の生まれ。戦争体験を描いて作家としての地位を確立。超現実的な作風を示す一方、心因性疾患の妻との生活を描き、独自の世界を築いた。作「出発は遂に訪れず」「死の棘 (とげ) 」など。

島尾敏雄の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
神奈川県横浜市
生年月日
1917年4月18日 おひつじ座
没年月日
1986年11月12日(享年69歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉