島津斉彬の解説 - 小学館 大辞泉

[1809~1858]江戸末期の薩摩藩主。早くから西洋文明に関心を抱き、開国・殖産興業を幕府に提言した。将軍継嗣問題にあたり、一橋慶喜 (ひとつばしよしのぶ) を擁立して井伊直弼 (いいなおすけ) と対立。藩内でも紡績機械・反射炉などを設置し、殖産を奨励した。