• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

川路柳虹の解説 - 小学館 大辞泉

[1888~1959]詩人・美術評論家。東京の生まれ。聖謨 (としあきら) の孫。名は誠。日本最初の口語自由詩塵溜 (はきだめ) 」を発表。詩集「路傍の花」「かなたの空」、詩論「詩学」など。

川路柳虹の解説 - SOCKETS人物データベース

評論家
出生地
東京府(現・東京都)
生年月日
1888年7月9日 かに座
没年月日
1959年4月17日(享年70歳)
別表記

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉