• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

巨勢金岡の解説 - 小学館 大辞泉

平安初期の宮廷画家。巨勢派の始祖。唐絵 (からえ) を描く一方、和様の風景画・風俗画を制作。その画風は「新様」とよばれ、大和絵成立にかかわった最初の画家とされるが、作品は現存しない。生没年未詳。