市川団十郎の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎俳優。屋号、成田屋。江戸歌舞伎を代表する名門で、荒事 (あらごと) の宗家。

(初世)[1660~1704]一説では14歳で荒事を創始したといわれ、三升屋兵庫の名で脚本も書いた。俳優生島半六に舞台で刺殺された。
(2世)[1688~1758]江戸の人。初世の長男。隈取 (くまど) りの工夫など荒事を洗練させ、市川家の芸として確立した。
(7世)[1791~1859]江戸の人。5世の孫。歌舞伎にを取り入れるなど革新に努めた。歌舞伎十八番を選定。
(9世)[1838~1903]江戸の人。8世の弟、7世の五男。本名、堀越秀 (ほりこしひでし) 。活歴と称する新作の歴史劇を演じた。明治の劇聖とよばれる。
(11世)[1909~1965]東京の生まれ。7世松本幸四郎の長男で、10世の養子。本名、堀越治雄 (ほりこしはるお) 。天性の美貌と華のある芸風で人気を博した。
(12世)[1946~2013]東京の生まれ。11世の長男。本名、堀越夏雄 (ほりこしなつお) 。歌舞伎十八番の継承・復活に尽力。パリのオペラ座など、海外での公演にも積極的に取り組んだ。