• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

市村羽左衛門の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎俳優。市村座の座元。俳優を兼ねたのは4世から。

(初世)[1605~1652]本名、村山又三郎。和泉 (いずみ) 国堺の人。江戸に村山座を創設。
(3世)[1635~1686]初めて市村宇左衛門と名のり村山座を譲り受けて、市村座と改めた。
(8世)[1698~1762]宇左衛門を羽左衛門と改める。所作事 (しょさごと) の名人。屋号、菊屋。
(13世)[1844~1903]兼ねていた座元を辞して俳優に専念。のち、5世尾上菊五郎となった。
(14世)[1848~1893]13世の弟。のち坂東家橘 (かきつ) と改名。
(15世)[1874~1945]大正・昭和を代表する二枚目役者。生世話 (きぜわ) 物の名人。屋号、橘屋。

市村羽左衛門の解説 - SOCKETS人物データベース

役者・俳優
出生地
東京府(現・東京都)
生年月日
1916年7月11日 かに座
没年月日
2001年7月8日(享年84歳)
別表記
市村羽左衛門(17代目) 十七代目市村羽左衛門

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉