• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

市来乙彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1872~1954]官僚・政治家。鹿児島の生まれ。大蔵省の主計局長・次官を経て加藤友三郎内閣の大蔵大臣となり、第一次大戦後のインフレ是正に取り組んだ。のち日本銀行総裁に就任すると、関東大震災に伴うモラトリアム実施や金融恐慌への対策などに尽力。総裁辞任後は東京市長や参議院議員を歴任した。

市来乙彦の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
薩摩(現・鹿児島県)
生年月日
1872年5月19日 おうし座
没年月日
1954年2月19日(享年81歳)