• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

市河米庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1779~1858]江戸後期の書家。江戸の人。名は三亥 (みつい) 。字 (あざな) は孔陽、小春。寛斎の長子。中国、宋の米芾 (べいふつ) の書を学び、米庵と号した。門弟に貴人が多く、その書風は大流行したが、没後には急激に廃れた。幕末の三筆の一人。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉