常盤御前の解説 - 小学館 大辞泉

源義経の母。近衛天皇の中宮九条院の雑仕 (ぞうし) であったが、源義朝の妾となり、今若・乙若・牛若(義経)を生んだ。義朝の死後、母と子の赦免を条件に平清盛の妾となり、のち、藤原長成に嫁したと伝えられる。生没年未詳。

出典:青空文庫