• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

常磐津文字太夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1709~1781]初世。常磐津節の創始者。京都の人。俗称、駿河屋文右衛門。初世宮古路豊後掾 (みやこじぶんごのじょう) に師事、宮古路文字太夫と名のって江戸で豊後節の再興に努めたが、延享4年(1747)常磐津と改姓して一流を興した。